ヒューマンライフパートナーズは独学で簿記会計に関する資格試験に挑戦する受験者のベストパートナー

資格取得に関する情報

コンピュータ会計検定(電子会計実務検定試験・コンピュータ会計能力検定試験・弥生検定)

コンピュータ会計検定

社会環境の変化に伴い変革時代を迎えた現在、情報ネットワークがビジネスインフラとして定着し、業種・業態・企業規模を問わずパソコン等の情報機器の活用が不可欠です。
一方で、企業経営の観点から、単に会計ソフトを導入し、会計事務処理の省力化・効率化を図り決算会計処理をするだけでは不十分であり、会計基準(企業会計原則)に即した入力データから得られる会計情報を分析・評価し有効活用して経営活動に役立てることが重要であり、これを実践できる人財の育成が急務となっています。

また、中小企業においても、経営革新・改革を図るうえで会計ソフトの導入は必須となるとともに、今後ますます会計情報の開示と説明責任が求められてくることから、自社の会計情報を正確に分析・把握しておくことが必要とされています。

中小企業におけるコンピュータ会計の実践およびこれに対応できる人財の育成に資するとともに、中小企業の会計指針の普及・定着を図ることを目的に、コンピュータ会計の各検定試験を日本商工会議所主催(電子会計実務検定試験)をはじめ、全国経理教育協会主催(コンピュータ会計能力検定試験)弥生株式会社主催(弥生検定)を通して実施しています。

詳しくは、各検定試験機関のホームページをご覧ください。